「土屋兼久退団のご報告」

 
 皆様へご報告がございます。劇団6番シードの土屋兼久です。この度、私土屋兼久は劇団6番シードを退団させていただく事になりました。在籍中はメンバーは当然ですが、沢山の素晴らしいゲストさん、スタッフさんと出会えて、皆様から良くしていただき、お客様からは温かい支持をいただき大変嬉しく思っております。本当にありがとうございました。
 
 私が劇団にお世話になりはじめたのが大学4年生(21)でした。今年40歳を迎えましたので、約19年位になるのかな。在籍中の想い出を綴ったらシーズン10でも完結しない某ドラマのようになりそうです()。まずはこのお知らせを残念に思われる方がいらっしゃいましたら、本当に申し訳なく思います。自分も先日の『シュリクラ』千秋楽を迎えてもこの考えはありませんでした。おかしな話ですが退団したい明確な理由もなく、日々の生活に追われて大変だから、という事でもないんです。ちょっとだけこの先の人生を考えた時、どう過ごしたら楽しいだろうかと考えてみたのです。
 
 昨今では舞台開催も危ぶまれる厳しい現状の中で私の様な人間がフリーになったら、客演できる機会も減ると思いますし、6番シードだったからやらせてもらえた事も凄く大きいと思います。ただその中でずっと生きてきて、そろそろ自分中心に演劇活動を考えても悪くないのかなと思ったのです。
 
 今年の年始に劇団メンバーには休団させてもらうか退団する考えを相談させてもらっておりました。ですがこの相談は役者を引退する訳ではなく、私が演劇をこれからも続けて行く為と伝えておりました。なので劇団には退団ではなく『卒業』させて欲しいとお願いしました。ぶっちゃけあっさり受理されてコイツらは本当に大人だなーとすら感じてます()。もちろん劇団を離れる事には違いはありませんが、これからも6番シードに携わっていけたらと思いますし、何よりも高齢化が進む劇団が心配でもあります。特に心配なのは小沢さんの老後かな。と言ういつもの冗談めいた軽口もこの辺で。
 
 これからは一人の息子の親として、そしてこれからも一人の演劇人として、自分の判断と責任を持ち、自分のペースで活動していけたらと思っております。
 
 最後に。代表の松本さんには本当にお世話になりました。人生で唯一、数々の衝突と言い合いした人間です。いつだったか『土屋は劇団の看板俳優を名乗って活動していい』と言われた時は嬉しかったです。あの時は恥ずかしくて、嫌ですと直球で返していなければ、もう少し違った人生もあったかなーと今となっては思います。後悔はしてません()
 
 今は世界中で混乱や不安が絶えませんが、どうか演劇を愛する皆様もご自愛ください。そしてこれからも演劇を愛し、共に手を取り合って舞台を楽しんで生きていけたらと思います。
 
 また劇場でお会いしましょう。

2021年5月吉日 劇団6番シード 土屋兼久

 
 いつだったか、数年前に居酒屋で劇団員の誰かと飲んでいた時に言った言葉をふと思い出しました。
「全員がピンで立ってさ、それなのに劇団にいるってカッコいいよね」
 かつては20人くらいいた劇団員ですが、数年前からは現在の少数精鋭のスタイルで劇団活動を行ってきました。この度長らく在籍していた土屋兼久が退団し、独立(という言葉が正しいのかわかりませんが)することとなりました。彼の決断と新たなスタートを祝福、応援したいと思います。
 土屋が入団したのは大学生の時で、まだ前代表の久間さんがいた時代です。私が脚本演出として3作品目の「コンクリートダイブ」という作品で、急遽劇場入りしてから黒子として装置の転換などをやってくれとお願いしたのを覚えています。その公演はちょっと私の黒歴史くらいバタバタした公演で、いきなり右も左もわからない素人に、時間がなく焦った若い演出家が「それ右」「タイミング違う」など矢継ぎ早に指示を出したのです。のちに土屋からたいそう愚痴られましたが、彼は腕にサインペンで全部の段取りをメモりながら、必死でやってくれたのを覚えています。その次の公演「ペーパーカンパニーゴーストカンパニー」で初舞台を踏むのですが、覚えているのは打ち上げで彼が、当時流行っていた千と千尋のカオナシの仮面を手作りして場を盛り上げていた光景とか。思い出すのはそういうどうでもいい話。
 
 それから19年、劇団本公演のほぼ全作品に出演して、たくさんの主演も務めてくれました。寂しくないと言えば嘘になりますが、土屋は自分の速度で歩くことを決めました。またどこかで一緒に芝居を作るかも知れませんし、狭い業界だからすぐに会うのかも知れませんね。特にしんみりしてません。
冒頭の居酒屋の会話には続きがあって「だから誰が退団してもそれが普通で頑張れよって言える劇団でいたいな」これは今でもそう思っています。劇団員が俳優として人間としてピンでぴんと立っていて、そんな奴らが集って面白いことに全力でバカなことをやっている。これからもそんな劇団でありたいと思っています。そろそろ新しい劇団員の加入も考えようかな。
これからも土屋兼久と劇団6番シードをどうぞよろしくお願いします。
 

劇団6番シード代表・松本陽一

 
 


公演終了!ありがとうございました!

 

6番シード2021年ラインナップ
 

■第73回公演
「タイトル未定(新作)」
11月17日(水)〜24日(水)
中野テアトルBONBON
 
「ミキシングレディオ」「ザ・ボイスアクター」に続く傑作コメディを松本陽一が完全新作書き下ろしで描く(予定)!お楽しみに!
 
 
《劇団員出演情報》
 
宇田川美樹 出演
UDA☆MAP Vol.10 ガールズトーク☆アパートメント 2020Ver.」
6月16日(水)〜21日(月)池袋・シアターKASSAI
詳細はこちら
LinkIconhttp://bewoodlive.com/ 
 
 小沢和之 出演
【重要なお知らせ】
2021/6/23(wed)~27(sun)
新宿・シアターサンモールで公演を予定しておりましたオネェミュージカル「Laki☆Laki Hipster」公演は、大変残念ではございますが、中止または延期させて頂くこととなりました。
詳しくは、弊社HPにて発表させて頂きます。
http://www.airstudio.jp/index_2021hipstar.html

 
その他、イベントや上映会などもコロナ情勢を見つつ企画していきます。
本年もどうぞご贔屓に。




『ディープロジック』️全国上映が決定!
 

今年1月、新宿K’sシネマで大好評のうちに2週間の上映を終えた『ディープロジック』の全国上映がスタートします!
上映日程は決定次第随時発表いたします。
 
ホームページ情報を更新しましたのでチェックして下さいね。
LinkIconhttps://www.deeplogic.jp/

■メンバーブログ
■関連リンク■
■バナー■


■お問い合わせ/6番シード■
〒171-0014
東京都豊島区池袋
3-34-7
ビジネスパーク池袋2階
劇団6番シード